• 投稿
  • Blog
【アシュトンマニュアル】改めて読んでみた ベンゾジアゼピンの脳内GABA受容体への作用

私の離脱症状は、一気断薬から2年8ヶ月。

良くなってきているんだと思いますよ。

 

良くなってるって言われるし・・・

元気そうだって言われるし。

 

でも、私の思う良くなったに身体が戻るのはいつなのだろう・・・とも思うのです。

スポンサードリンク

 

私は、勢いで一気断薬してしまったので・・・

一気断薬する時に、アシュトンマニュアルすら知りませんでした。

 

断薬後、寝たきりから回復して、アシュトンマニュアルを読んだんですよね。

 

で、最近も読み直して反省していますよ。

 

 

アシュトンマニュアルから引用

 

ベンゾジアゼピン長期服用から離脱する場合、誰でも用量をゆっくりと減らさなければいけないことに、疑いの余地は全くありません。
突然の断薬や速過ぎる離脱は、特に高用量からの場合、重篤な症状(痙攣発作、精神病性反応、急性不安状態)を引き起こす ことがあり、また遷延性の離脱症状のリスクを増大させます(第Ⅲ章参照)。

緩徐な離脱とは、徐々に用量を漸減していくことであり、通常、数ヶ月の期間をかけて行ないます。
その目的は、ベンゾジアゼピンの血中濃度、組織内濃度を安定させてスムーズにゆっくりと低下させることにあり、そうすることによって、脳内の機能が本来の正常な状態を取り戻すことが可能となるのです。

第Ⅰ章で説明したように、ベンゾジアゼピンの長期服用は、神経伝達物質GABAが媒介する生体本来の鎮静機能の多くを支配します。
結果として脳内GABA受容体は数を減らし、GABA機能は低下します。
ベンゾジアゼピンから突然離脱すると、脳はGABA活動性低下状態のままであり、その結果、神経系統の過興奮が引き起こされます。
この過興奮が次章で論じる離脱症状のほとんどの根本原因となっています。

しかしながら、身体が十分にゆっくりとスムーズにベンゾジアゼピンから離脱することにより、ベンゾジアゼピンの介在によって抑え込まれていた機能をコントロールする力を、本来のシステムが取り戻します。
脳機能が元に回復するまで長期間を要することは科学的に立証されています。
ベンゾジアゼピン長期服用後の脳の回復は、大きな外科的手術からの回復とよく似ています。体や心の回復はゆっくりとしたプロセスなのです。

 

 

アシュトンマニュアルより
離 脱
(1) 用量の漸減
http://www.benzo-case-japan.com/ashton-manual-6-japanese.php#the-withdrawal

 

 

アシュトンマニュアルを読んで

 

 

突然の断薬や速過ぎる離脱は、特に高用量からの場合、重篤な症状(痙攣発作、精神病性反応、急性不安状態)を引き起こす ことがあり、また遷延性の離脱症状のリスクを増大させます

 

 

ここに書いてあるわけですよね。

こんなにもハッキリと。

 

一気断薬や、ペースの早すぎる減薬はダメだと。

 

見事に、私は突然の断薬=一気断薬をしてしまった訳です。

 

 

 

緩徐な離脱とは、徐々に用量を漸減していくことであり、通常、数ヶ月の期間をかけて行ないます。
その目的は、ベンゾジアゼピンの血中濃度、組織内濃度を安定させてスムーズにゆっくりと低下させることにあり、そうすることによって、脳内の機能が本来の正常な状態を取り戻すことが可能となるのです。

 

 

だから・・・

一気断薬した私は・・・。

 

脳の機能が正常な状態に戻るまで時間が必要(必要だった)訳ですね。

 

一気断薬で寝たきりも経験したけれど・・・

減薬だったら、ここまで身体の負担にならなかったのかも。

 

 

 

ベンゾジアゼピンの長期服用は、神経伝達物質GABAが媒介する生体本来の鎮静機能の多くを支配します。
結果として脳内GABA受容体は数を減らし、GABA機能は低下します。
ベンゾジアゼピンから突然離脱すると、脳はGABA活動性低下状態のままであり、その結果、神経系統の過興奮が引き起こされます。

 

 

19年精神薬を服用していきた私は・・・

脳内GABA機能は明らかに低下しているだろう・・・。

 

19年でどのくらい減っていったの??

 

 

しかも、突然の一気断薬。

 

神経系統の過興奮・・・まさに、ベンゾジアゼピン眼症につながるのか???

 

一気断薬から、2年半くらいの段階で眼圧が高いという悩みも発生していますが、これも一気断薬してしまったから???

 

 

 

しかしながら、身体が十分にゆっくりとスムーズにベンゾジアゼピンから離脱することにより、ベンゾジアゼピンの介在によって抑え込まれていた機能をコントロールする力を、本来のシステムが取り戻します。
脳機能が元に回復するまで長期間を要することは科学的に立証されています。
ベンゾジアゼピン長期服用後の脳の回復は、大きな外科的手術からの回復とよく似ています。体や心の回復はゆっくりとしたプロセスなのです。

 

 

ということで、ゆっくり時間をかけて減薬していきましょう!ってことにつきますよね。

 

今更ながらに、一気断薬を反省ですよ・・・。

 

 

 

減断薬のブームに思う

 

今、減断薬のブームとも言われていますが・・・。

 

無謀な、一気断薬をした私的には、ちゃんと知識を得てゆっくり減薬をしていって欲しいと思いますよ。

 

減断薬は、焦らなくても誰にでもできること。

自分の身体がもとに戻るペースを大事にしてあげて欲しいなって思います。

 

 

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

 

 

一気断薬から丸2年経過。振り返りと今の思い。