• 投稿 2017/12/21
  • Blog
「私は、ここにしか居れないわけじゃない」【ひとりごとBlog】

私の思っていることというか、思いっきりひとりごとBlogなんですけどね。

 

 

2015年4月に一気断薬して、2年8ヶ月。

 

離脱症状もまだあるけれど・・・。

マシにはなってきているんです・・・たぶん。

 

昨年の今頃よりは、動けている気もするし。

スポンサードリンク

 

でもね、断薬前の私の活動量は全くこなせないんですよね。

活動しきれない。

 

そういうことが続くと、「あー、まだダメなんだ」って思う。

 

 

この間、神戸に行ってきた時に、もう20年通ってる美容室に行ってきたんですよ。

最近の私のことをいろいろ話しててね。

 

そこの先生に言われました。

 

「かなさんは、やっぱパワフルやなー。

 全開に行動したら、周りがついていけんやろ。

 だから、今、身体が動かんのやろうな。

 神様に調整されてるなー。」

 

・・・って。

えっ・・・今の活動量でパワフルなのですか??と思ったけど。

 

 

 

沖縄に帰って来て・・・

 

(日本にいるなら)神戸に帰りたい気持ちが強い私は「(沖縄に対して)ココじゃない!!」感が強くなってしまって。

 

でね、思ったのです。

 

「私は、ここにしか居れないわけじゃない」

 

 

 

断薬後、離脱症状がツラくって、

「まだ、無理」とか「できない」って思いがあったんですよ。

無理をすれば、身体が動かなくなるし・・・。

 

でも、そういう状態であっても、「できること」ってあるんですよね。

「できること」があるってコト忘れてました。

 

 

 

沖縄 恩納村伊武部希望が丘のビーチ

 

 

 

何もしない生活を求めて、私はセブ島・沖縄で暮らしてきました。

 

もちろん、セブや沖縄の環境に感謝する気持ちもあります。

のんびり過ごさせてもらいました。

 

ただ、これからも何もしない生活でいいのか?という気持ちが出てきました。

 

 

もちろんね、沖縄でアクティブに暮らしていくこともできるのですよ。

 

沖縄の中でもう少し街に移ることも考えていたのですが、賃貸のお部屋とか街に、どうもときめかないんです。

 

 

ずっと「まだ、早い」って気持ちがあったけれど・・・神戸に帰ろうかな?と思ってきました。

 

「私の住みたい街に帰ろう」って。

 

 

神戸三宮の山側 北野エリア

 

 

 

だって・・・私の今の住んでいるところから刺絡療法を受けれる治療院までバスで2時間半くらい。

 

那覇空港ー神戸空港のフライトが1時間45分くらい。

 

全然、神戸から通えるじゃんって。

なんか、とっても私らしい思考回路(笑)。

 

 

それにね、日頃取り入れている沖縄の物(クワンソウのお茶、ゴーヤ茶、モリンガ、グアバ、パパイヤ)なんかも定期的に沖縄で買って帰ればいいだけのこと。

日本国内なら通販もあるし。

 

 

 

 

当分、神戸に帰ることを目標に生活していこうと思います。

もちろん、桜も神戸で見ますよ。

 

 

急に気持ちが充実し始めましたよ。

生き返りました。

 

 

 

なのでね、離脱症状で苦しんでるあなたにも見つけてもらえたらいいなと思うのです。

心が生き返ることを。

 

私は、「住みたい街に帰ろう」という気持ちでした。

(あと、「香港に行こう」という気持ち)

 

 

離脱症状があっても、自分の心が求めていることを受け入れてあげてください。

認めてあげてください。

 

身体はツラくても気持ちが生き返りますよ。

 

「体調が悪いからしょうがない」と思っている毎日が好転します。

 

何もしない毎日もいいけれど、目標って大事なんですね。

 

 

 

 

 

体調をもたせながら、眼圧に気をつけながら、頑張っていきますよ。

 

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

 

一気断薬から丸2年経過。振り返りと今の思い。

 

【アシュトンマニュアル】改めて読んでみた ベンゾジアゼピンの脳内GABA受容体への作用

 

ベンゾジアゼピン一気断薬から2年4ヶ月経過して、私が勤務して働くことができない理由