• 投稿
  • Blog
私の体調を説明するのに「精神薬を断薬して」って話をしたとき困ること

もうすぐ、精神薬を断薬して丸3年になります。

この3年の間、いろんな方に断薬したことを話す機会があったのですが・・・

 

離脱症状を理解してもらえないことよりも困ることがあるんですよ。

減断薬の話って、なかなか難しいというか・・・。

 

スポンサーリンク

 

なんとか離脱症状のこと説明したくて、説明しても伝わらないもどかしさってあると思うんですよ。

 

最近はね、伝わらなくてもいいやって思ってますが。

何回も同じこと説明しても理解が得られないのはわかってきてるし。

 

なんとなく、まだ体調悪いんだねーって感じで、わかってもらえてればいいやって。

 

 

 

それ以上に困ったなーって思うのが・・・

私の断薬のこと離脱症状のコトを話した相手が精神薬を服用してるとき。

 

でね、決まってみなさん言うんですよ。

「私も、やめた方がいいかな?」って。

 

もちろんね、やめて欲しいなって思うけれど・・・

(どんな離脱症状が起こるか)責任持てないし・・・とも、思う。

 


 

たぶんなんだけれど。。。

私が今、人と会うときって、ある程度体調のいいとき。

その元気さ?を見て、離脱症状って大したことじゃないって思われてると思う。

 

もしかしたら、その人は、減断薬しても全然離脱症状が出ないかもしれない。

 

いや。。。

減断薬したら、寝たきりになってしまう人だっているしとか。

 

いろんなコトを考えてしまうんですよね。

 

仕事だって、全部停止してしまうことだってあるし。

(私が実際そうだったし。)

 

でね、結局「減断薬するなら、先にアシュトンマニュアル読んで下さいね」としか言えない。

 

こういうときって、どう答えるのがいいんでしょうね。。。

 

 

毎回、困るんですよね。

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

一気断薬から丸2年経過。振り返りと今の思い。

 

【アシュトンマニュアル】改めて読んでみた ベンゾジアゼピンの脳内GABA受容体への作用