私は玄米をフライパンで簡単ビックリ炊き

身体まるごとアンチエイジングするためナチュラル・ハイジーンの食生活を理想として、食事の食べ合わせにも気をつけはじめてから、白米ではなく玄米に切り替えました。

 

野菜+ゴハンの食事のときは、玄米をいただいていますよ。

 

スポンサーリンク

フライパンでビックリ炊き

 

私は、蓋付きのフライパンで米を炊いています。
炊飯器では美味しく炊くのが難しい一人分とか、少量でも美味しく炊けるんですよ。

 

 

 

手順

 

①びっくり炊きは水につけずにすぐに炊き始めます。

 

 

②水はお米の量に対して1.2~1.5倍入れます。
玄米が古いほど多めに水を入れてください。

 

 

③フライパンに蓋をして、強火で炊き始めます。
吹きこぼれてくるようだったら弱火にして下さい。
蓋から吹きこぼれてくる泡が消えるまで待ってください。

 

 

④15~20分経ったら水分が減ってきて、香ばしいいい匂いがしてきます。
そうすると、玄米が炒られて「ピシッ、ピシピシッ!」と音がしてきます。

 

 

⑤音がしてきたら、蓋をあけて水を入れてください。
「びっくり炊き」の由来はここから来ていて、「びっくり水」を入れるから「びっくり炊き」なんだそう。

ここでの分量は、お米の0.8~1.2倍を入れてください。
柔らかく炊きたい時は大目に、硬めに炊きたい時は少なめにびっくり水を入れてください。

 

 

⑥びっくり水を入れた後に、一度よくかき混ぜます。
その後、弱火にして10~15分火にかけ、頃合いを見て火を止めて5分ほどふたを開けずに蒸らしてください。
蒸らし終わったら、ふたを開けて全体的にかき混ぜます。

 

 

コレだけです。

 

 

マイブーム

 

玄米が炊けたら、かつおぶしとゴマを混ぜ込んで食べていますよ。
最近のマイブームな食べ方です。
気になった方は、試してみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

慣れてしまえば、とっても簡単です。

お水の量も感覚的にわかってきますよ。

 

体調がしんどいときは、スイッチをONすれば炊きあがる炊飯器に魅力を感じるけれど・・・。

 

私は、このビックリ炊きで炊いてます。

なので、未だに炊飯器は持っていません。

 

 

なんといっても、ひとり暮らしなので少量でも気軽に炊けるのがありがたいです。

 

 

 

 

 

 

ベンゾジアゼピン一気断薬から丸3年。離脱症状とのお付き合いは4年目に入ります

一気断薬から丸2年経過。振り返りと今の思い。