美容にも健康にも 欲張りなあなたにオススメしたい「パイナップル」

健康や美容のためにも、フルーツは毎日食べた方がいいといわれています。

 

 

どうせ食べるなら、美味しくて栄養価や美容効果も高いものを食べたいですよね。

そんな欲張りな人に、おすすめなのがパイナップルです。

 

 

パイナップルの魅力や効果、効能について紹介していきますね。

 

沖縄にいたときは、食べやすいこともありスナックパインをよく食べていました。

 

スーパーでもフィリピン産のパイナップルなど、カットされたものが売られていますよね。

 

スポンサーリンク

 

パイナップルの栄養成分について

 

原産地は熱帯アメリカですが、日本では沖縄でも栽培されています。
まずは、パイナップルに含まれる栄養成分を見てみましょう。

 

 

ビタミンやミネラルがたっぷり

 

パイナップルに含まれる栄養成分は、次のようなものです。

 

★エネルギーの源になる炭水化物

★体をつくるたんぱく質

★腸内環境を整える食物繊維

★皮膚を強くするビタミンA

★糖の代謝を助けるビタミンB1

★美肌には欠かせないビタミンC

★代謝を促すナイアシン

★骨を丈夫にするカルシウム

★塩分を排出するカリウム

 

 

健康や美容にいい成分が、バランスよく含まれていますね。

 

 

パイナップルの酵素プロメライン

 

さらに、パイナップルにはプロメラインという酵素も含まれています。

 

プロメラインのたんぱく質分解力はかなり強くて、パイナップルを食べた時に舌がジンジンするのも、プロメラインの影響のようです。

 

 

話題のパイナップルセラミド

 

またパイナップルには保湿成分である、セラミドも含まれているというのでおどろきです。

 

セラミドは、美肌には欠かせませんが、20代をピークに加齢とともに減っていく成分です。

パイナップルでセラミドが補給できるなんで、すごくうれしいですね。

 

 

パイナップルの効果・効能

 

では、パイナップルを食べると、どんないいことがあるのでしょうか。

 

 

胃腸が整って免疫力向上

 

パイナップルの酵素プロメラインは、たんぱく質だけじゃなくて腸内の腐敗物も分解してくれるんです。

不溶性食物繊維も豊富に含まれているので、腸の蠕動運動が活発になって、便の量が増えて排出されやすくなります。

 

腸内環境が整うと、おなかの不調が改善されるだけじゃなく、免疫力もアップして風邪もひきにくくなりますよ。

 

 

疲労回復効果も抜群

 

パイナップルは糖質も多いですが、糖質を分解するビタミンB1も多く含むため、効率よく糖をエネルギーに変換できるフルーツなんです。

 

 

それに、パイナップルの酸味でもあるクエン酸は、疲労の原因になる乳糖を排出するサポートをしてくれるから、疲労回復や疲労蓄積防止ができるんですね。
クエン酸には、消化を助けて食欲を高める役割もあります。

 

豊富なビタミンやミネラルも相乗効果になって、パイナップルは夏バテ防止にも効果的ですよ。

 

 

美肌、アンチエイジングの強い味方

 

パイナップルにはメラニンの働きを抑えるビタミンCもたっぷり含まれていて、美白効果もばっちりです。

 

またパイナップルに含まれるセラミドは、お肌を潤してターンオーバーを正常化するために欠かせない美容成分です。
乾燥やシミ、そばかす、しわなどといった、お肌の悩みを全て改善してくれる成分といえますよね。

 

さらに、なんとこのパイナップルセラミドは、若返り遺伝子といわれているEGFを活性化するというではないですか。
アンチエイジングに興味のある人は、見逃せない情報ですね。

 

 

上手なパイナップルの食べ方

 

次にパイナップルの栄養価を最大限に活かす食べ方について、まとめてみます。

 

 

パイナップルの選び方

 

葉付きのパイナップルは、葉っぱが元気でぴんとしているものが新鮮なパイナップルです。
皮は、黄色くなりつつある状態が食べ頃ですよ。

お尻の方がどっしりしていて、甘い香りのするものを選びましょう。

 

カットパインは、濃い黄色が熟しているパイナップルです。乾燥していなくてみずみずしいものを選びましょう。

 

缶詰は糖分が多くて酵素が少ないので、おすすめは生のパイナップルです。

 

 

パイナップルの効果的な食べ方

 

フルーツは冷やして食べると美味しいですが、パイナップルは南国のフルーツなので、常温で食べる方がおすすめです。
もともと体を冷やす働きがあるので、代謝を高める効果を損なわないためにも、常温で食べるのがベストですよ。

 

食後のフルーツとして食べてもいいのですが、ダイエットしたい人は食前に食べるのが効果的です。

 

パイナップルは糖質も高いので、食べる量は5分の1くらいにして、食べ過ぎないようにしましょう。

 

 

相乗効果がある食べ方

 

そのままパイナップルだけ食べるのもいいですが、他の食材とミックスすると、さらなる相乗効果が期待できます。

 

特にパイナップル独特の舌のピリピリが気になる人は、ヨーグルトと混ぜるのがおすすめですよ。

乳酸菌を加えることで、さらに腸内環境の改善につながります。
リンゴやグレープフルーツ、小松菜などを加えて、ジュースやスムージーにするのもいいですね。

 

 

健康と美容のためにパイナップルを

 

パイナップルは、今や一年を通して購入できるフルーツです。

自分で切るのが面倒な人は、カットして売られているものを買うこともできます。

身近すぎて、こんなに栄養価の高い優れたフルーツだということを、知らなかった人も多いのではないでしょうか。

 

 

パイナップルは、特に美肌やアンチエイジングに興味のある人には、コスパもよく効果的なフルーツです。

 

高価な美容液を試す前に、まずはパイナップルを試してみませんか?

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

アンチエイジングに欠かせない「パパイヤ」の魅力

人参の効果・効能を知って、食事に取り入れよう①