• 投稿 2018/05/30
  • Blog
【継続は力なり】「お肌キレイですね」と言っていただけることに思う

最近、記事を書いていて思ったこと。

梅雨に入る前に、あと1記事・・・2記事アップできたらいいなと思っています。

 

 

 

ナチュラル・ハイジーンの食生活を目指して、果物多めの食生活を続けて3年ほど。

 

身体のサイクルにマッチした「ナチュラル・ハイジーン」

 

沖縄に住み始めたあたりから、よく言われてるようになったことがあります。

 

「お肌キレイですね」って。

 

スポンサードリンク

 

最近の私の美容事情

 

断薬前、人前に立つ仕事もしていた時期もあり、それなりにお肌のこと含め美容には気を使っていました。

 

が・・・。

 

断薬直後におばあちゃんになってしまったことや、化粧品にも過敏になってしまったこともあり、ほぼ化粧品を使わない生活が続いているんです。

 

今でも、化粧品は・・・って感じ。

 

洗顔も石鹸だし、化粧水も月桃水で代用しているし。

クリームも・・・うすーく白ニベアだったり(笑)

 

ファンデーションも使わないことがほとんどです。

 

お高い化粧品とは無縁だし、フェイシャルのエステも行っていません。

 

 

 

それでもね、言っていただけるんですよ。

 

「お肌キレイ」って。

 

それから、「老けないよねー」って。

 

 

私からするとね「いやいや、もう劣化してるでしょ!?」って思うことも多々あるのですが・・・。

白髪だって、減らないし・・・。

 

 

ブログを書いていて気づいた

 

最近、私が好んで食べている食べ物のまとめを書いていて

「そりゃあ、肌がキレイになって当然かー」と気づいたんですよ(笑)←今ごろ!?

 

 

私のよく食べている果物

 

アンチエイジングに欠かせない「パパイヤ」の魅力

「1日1個のりんごが医者を遠ざける」りんごの栄養は侮れない

お財布に優しいのに美容と健康に欠かせない成分たっぷりな「キウイ」

 

こんな果物をガッツリ毎日食べているんですもんね。

 

パパイヤ・りんご・キウイが私の基本の3つの果物になっています。

その時、その時に、他の果物を追加しています。

 

パパイヤはお取り寄せですが、りんご・キウイは気軽に買えますもんね。

 

 

 

白湯を飲んで温活も

 

それに、白湯も飲んで温活もしているし。

 

【温活】健康も美容もダイエットにも「白湯を飲む」効果がスゴいんですよ

 

 

サプリメントではモリンガ

 

それから、私が唯一続けているのがモリンガのサプリ。

 

世界に認められているミラルツリー「モリンガ」 アンチエイジングに必須のスーパーフード

 

 

みなさんに驚かれること

 

「お肌キレイ」って褒めてくれたあと、みなさん聞きます。

「どの化粧品使ってるんですか?」って。

 

私が、ファンデーションも使ってないことを伝えると皆さん、びっくりされます。

 

 

でね、コンビニで売ってるものを食べないこと。

レトルトなども食べないこと。

 

この2つを話すだけで「えぇー(@_@)」ってなる。

 

前にも書いたことありますが、コンビニとかスーパーのものは変な味に感じてしまって、食べれなくなったものも多いのですよ。

 

 

「慣れてしまえば、簡単ですよ。」って答えるんですけどね。

 

「甘い物(スイーツ)とか食べないけど、果物を食べるので案外平気ですよ」って。

 

私も、慣れるまでは、ベジタリアンの彼氏ができたって思って頑張ったんですよ。
下積み?期間はあったんですよ。

 

 

断薬して、離脱症状がツラくって

 

断薬して、離脱症状でしんどくって、ちょっとでも早く回復したくてナチュラル・ハイジーンの食生活を目指して続けてきていて、

正直、健康のことばっかり気が行っていて、美容効果なんて考えていませんでした。

 

身体に良いってことは、細胞に良いってことですよね。

 

この食生活で「お肌がキレイ」になるのは当たり前ことだったんだって。

 

40歳の私の身体でも、ちゃんと細胞は応えてくれますよ。

 

 

 

一気断薬直後、おばあちゃんになってしまったけれど、この3年で急速な若返りの機会に恵まれているのかも。

 

断薬は、そんな機会も与えてくれたんだなーって。

こう思うようにしていますよ。

 

 

そして、なにより「継続は力なり」を実感しています。

 

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

 

はじめまして。健美人かなです。

ベンゾジアゼピン一気断薬から丸3年。離脱症状とのお付き合いは4年目に入ります