【温活】白湯がさらに進化した「レモン白湯」夏の暑い時期こそ温活を

インド伝統医学のアーユルヴェーダをルーツとする白湯を飲む習慣は、脂肪の燃焼を促したりデトックス効果が期待できるとして女性の間で人気ですね。
 
 

最近では白湯がさらに進化した「レモン白湯」が注目されているのですが、どんなものなのかご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

女性に人気の白湯ダイエットとは?

 

白湯ダイエットは、冷ましたお湯を飲めば痩せ体質になれるというもの。
必要なのは白湯だけという手軽さもあって実践している女性も多いでしょう。

 

 

白湯の正しい作り方

 

アーユルヴェーダをルーツとする白湯は、ガスの火でお湯を沸かすのが基本です。
 

お湯が沸騰したらそのまま10分ほど放置して、時間が経てば火を止めてカップに注いで50度くらいまで冷めるのを待ちます。

 

冷ますために水で薄めるのはNGで、この時間を掛けて作った白湯を朝に飲めば全身の血液の巡りが良くなったり、基礎代謝がアップするなどの効果があると言われていますよ。

 

 

 

レモン白湯で得られる効果!

 

人気の白湯ダイエットにレモンをプラスしたのがレモン白湯です。
 

ハリウッド女優やモデルの間で広がったもので、日本でも人気モデルがインスタなどで紹介して美意識の高い女性達の間で注目されていますよ。
 

従来の白湯にレモンがプラスされたレモン白湯を飲むことで得られる効果について紹介しましょう。

 

 

★ダイエット
 

★体温を上げる
 

★疲労回復
 

★便秘解消
 

 

クエン酸たっぷりのレモンがプラスされるので、代謝を促進したり食後の血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

食べることが大好きで、ダイエットが続かないという女性の強い味方になってくれそうですね。
 

またレモン白湯を飲むことで、身体の芯から温められて体温が上昇していきます。
 

女性に多い冷え症や低体温の改善にも期待でき、朝飲めば身体も温められてレモンの酸っぱさで頭もクリアになるでしょう。
 

レモンのポリフェノールは血液をサラサラにしてくれる作用もあるのでこれで血液の流れが良くなれば身体も温まりやすくなりますね。
 

レモンに多く含まれているクエン酸には、疲労物回復効果があることでも有名です。
筋肉や血液に乳酸が溜まると疲労感を感じるのですが、クエン酸にはこの乳酸を分解してくれる働きが。
 

レモン白湯を毎朝飲めば疲労が溜まりにくくなり、朝から元気に活動できるようになるでしょう。
 

白湯自体に利尿作用がありデトックス効果も高いので、これにレモンもプラスすれば解毒作用がさらにアップします。
 

朝1杯のレモン白湯を飲めば腸も活発に動くのでスムーズな排便が期待でき、便秘解消や便秘による肌荒れ解消も期待できるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

レモン白湯の作り方

 

レモン白湯の作り方はカンタンです。
 

まず白湯をカップ1杯ほど用意しますが、ここは電子レンジを活用して手軽に作りましょう。
 

500Wの電子レンジなら2分から3分ほど温めればオッケーで、これにレモン2分の1個分を絞って入れたらレモン白湯の完成です。
 

市販のレモン果汁大さじ1を加えてもオッケーですし、ポカポカ効果のあるジンジャーパウダーやシナモンをプラスするのもおすすめですよ。

 

私も市販のレモン果汁を使うこと多いです。

自宅での私の3点セット

 

 

どのくらい飲めば良い?

 

レモン白湯は1日あたり200mlから500mlほど飲むのが目安で、1日に何回かに分けて飲むと良いでしょう。
 

朝食前に飲むのが一番おすすめで、10分くらいゆっくり時間をかけて飲むのがポイントです。
 

血糖値の上昇を抑える働きもあるので、昼食前や夕食前にも飲んでも良いですね。

 

 

 

コスパも最高のレモン白湯で健康的にダイエット!

 

白湯にレモンもプラスして、毎日ゆっくりと味わいながら飲んでみて下さいね。
 

冷え症や低体温の改善、便秘解消、さらに疲労回復やダイエットなど健康や美容にぴったりの飲み物です。
 

暑い夏には冷たいジュースをゴクゴク飲んで身体を冷やしがちですが、今年は手軽に作れるレモン白湯で健康的にスリムになっていきましょう。

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

 

関連記事