身体のサイクルにマッチした「ナチュラル・ハイジーン」

以前、何かの本で「果物は胃から見たら消化済みの食べ物」というフレーズを読んだことが記憶にあり、ちゃんと調べてみたいなと思いました。

 
スゴくエネルギッシュに活動されている方の本にそう書かれていたと記憶していたからです。

スポンサーリンク

 

 

今では、エネルギッシュに活動するなんて程遠い体調ですが、またそんな風に活動したいという思いはありますよ。

 

 

調べていくと、あのマドンナも取り入れている健康法だと言うことがわかりました。
アメリカではかなり浸透している健康法だそうで、ベジタリアン志向のライフスタイル

「ナチュラル・ハイジーン」と言います。

 

 

 

断薬後、このことを調べ取り入れてから13号サイズまで太った私が今は無理なく9号サイズが着れるまで戻ってきました。
意識的にダイエットせずに、痩せたんです。
このまま無理なく、7号サイズまで戻ればいいなって思ってます。

 

 

簡単に「ナチュラル・ハイジーン」について説明していきますね。

 

 

ナチュラル・ハイジーンの原則は「健康のために必要な条件を体に与え、体を傷つけるようなものを体に与えないことによって、体の内外環境を清潔に保つ」ことです。

 

mixfruits.jpg

 

ナチュラル・ハイジーンのメリット

 

病気知らずで健康になり、ダイエットとは無縁のスリムな身体を手に入れることができ、人間の本来持つヒーリングパワー(自然治癒力)を引き出すと言われています。

 

 

食事にメリハリが出て、もう年だし忙しいんだから仕方がないと諦めていることが改善されます。

 

身体のサイクルを知ろう

 

生活する中で、意識をしていないかもしれませんが「24時間周期の身体のリズム」があるんです。
「摂取と消化/吸収と利用/排泄」のサイクルです。

産まれてから死ぬまでずっとこの「24時間周期の身体のリズム」に基づいて機能しています。

 

 

そして、人間が食べ物を処理する能力は、この「24時間周期の身体のリズム」と噛み合っているかが重要なんです。

 

 

最も機能が活発になる時間がコチラです。

 

正午〜20時 摂取と消化
20時〜4時 吸収と利用
4時〜正午 排泄

 

スポンサーリンク

 

 

消化に必要なエネルギー

 

人間の身体にとって最も多量のエネルギーを必要とする行為が何かを知っていますか?
驚くかもしれませんがそれは『食べ物を消化する』ことなんです!

食後に眠たくなった経験はないですか?食事の後はだれもが眠くなるんです。
それは身体が食べ物を処理することにすべてのエネルギーを集中させてしまうからです。

 

 

一般的な食事をしている人は、フルマラソンをするのに必要とされるカロリー(約1600Kcal)以上のエネルギーを毎日の消化に費やしていると言われています。

 

run_01.jpg

 

 

食べ物の胃内滞留時間

 

◉20分~30分・・・・・果物

 

果物は、消化にほとんど時間がかからず、果物自体に食物酵素が豊富に含まれているので、
人間のもつ体内酵素も無駄使いしない食べ物。

 

 

◉1時間~2時間・・・・・・野菜

 

野菜も、消化にあまり時間がかからず、食物酵素を豊富に含んでいます。

 

 

◉2時間~4時間・・・・・炭水化物

 

炭水化物(米、パン、パスタ、麺類、調理済みのイモ類)の消化には、時間がかかります。
でんぷん質を分解するための酵素が必要になります。

 

 

◉4時間~6時間・・・・タンパク質

 

タンパク質(肉、魚、卵、乳製品、木の実、種子類)の消化には、最も時間を要します。
タンパク質を分解するための酵素が必要です。

 

 

images (1)

 

上記のことを踏まえて・・・

 

ナチュラル・ハイジーンの基本原則

◉新鮮な野菜が主食

 

とにかくたっぷりの生野菜をたっぷり食べること。 火を通さないものには、人間の身体に必要な酵素がたくさん含まれています。

 

◉午前中は果物だけ

 

午前中は、果物を食べたいだけ食べます。 果物の糖分で太ることはありませんので安心して好きなだけ食べます。 ただし、デザートとして食後に果物を食べるのはNGです。

 

◉炭水化物と肉・魚は同時に食べない

 

炭水化物(ご飯・パン)と一緒に動物性のたんぱく質(肉・魚など)を食べると消化器官に負担がかかるので、肉や魚を食べたいときは、たっぷりの生野菜と一緒に食べる。
食べ物の組み合せに注意しましょう。

 

 

◉水分は食事前。中、後は飲まない

 

水分は、胃の中がからっぽの時に飲むと身体の中をきれいにしてくれますが、食べ物と一緒に取るのは、あまりよくないのです。食事中に飲むのなら、コップ1杯程度が適量です

ナチュラルハイジーンの実践方法

 

 

◉朝起きたら、新鮮な果物を好きなだけ食べます。 果物の食物繊維と水分のおかげで便秘知らずになれます。

 

 

◉お昼までは排泄に集中しましょう。

 

 

◉正午から午後8時までは消化・吸収の時間なのでしっかり食べます。
(ただし、食べ物の組み合わせは気をつけて。)

 

 

◉午後8時から翌朝4時までは何も食べない。胃腸の休息の時間帯です。

 

 

 

ナチュラルハイジーンで食べてはいけないNGなもの

 

◉白砂糖をはじめとする『白い食べ物』

 

白い食べ物は、代謝に必要な栄養や植物繊維が失われた状態の食べ物。白く精製された食べ物は、人間のカラダにとって決していいものではないという考えです。

 

 

◉マーガリン

 

マーガリンの製造過程で水素をさらに添加し続けていくと、なんとプラスチック ができるといいます(@_@;)

 

 

◉薬

 

薬はある症状を一時的に止めることはできますが、一時的に消えた症状は、ふたたびその原因が蓄積されたときに、よりひどい症状となって表れるようになります。

 

 

 

small_1.jpg

 

 

 

ナチュラル・ハイジーンを取り入れてみて

 

このナチュラル・ハイジーンは、私の場合ですが果物を食べれるので、甘いものが食べたい欲求が押さえることができます。

 

 

この食事法をはじめると、食後2〜3時間くらいでちゃんとお腹が空くんですよ。
このことから、組み合わせを考えないときの食事の消化ってホントに身体に負担をかけていたんだって実感がありましたよ。

 

 

私は、ベジタリアンの彼氏ができたと思って(笑)
最初の慣れない期間頑張りました。