• 投稿
  • Blog
やっぱり睡眠って大事「気圧がツラくて眠れない」こうやって鬱になるんだと実感したこと

2月から?

いや、1月からな気もします。

 

 

沖縄は雨がよく降っていました。

もう梅雨なの?って錯覚するくらい。

 

 

 

3月・・・。

もうそろそろ、このお天気から解放されたいのが正直なところ。

 

 

https://tenki.jp/past/2019/01/weather/10/50/47936/ よりお借りしました。

 

 

 

https://tenki.jp/past/2019/02/weather/10/50/47936/ よりお借りしました。

 

 

 

https://tenki.jp/past/2019/03/weather/10/50/47936/ よりお借りしました。

 

スポンサードリンク

 

とっても厄介なのは

昼間曇だったり晴れの日も

夜になると豪雨通知?警報?が来るくらい降るんです。

 

30㍉〜80㍉の豪雨通知が毎晩のように来る・・・。

 

 

そうするとね

夜中、雨が降る前から雨が降るのを感知して

絶不調がはじまり

寝付けない。

 

眠れず朝を迎える日がドンドン増えていく。

 

 

 

まだ、はじめのころは

昼間のお昼寝で補えていました。

 

 

 

だんだん弱っていくところに

昼間も曇りだったり雨が降る。

 

で、お昼寝もできない状況に。

 

毎日、眠れているのかわからないくらいの

睡眠しかとれず。

 

 

で、さらに悪循環にハマっていきました。

 

 

睡眠がとれていないのもあり

昼間、雨が降っていなくても出かける気になれず

(常にだるい)

 

歩いて5分ほどのスーパーにすら行くのも億劫になり

超引きこもりに。

 

運動量も落ちていき

離脱症状からくる体の硬直以外に

コリが半端ない状況に。

 

 

 

 

さらに、なんとか眠りたくて

体に負荷をかけるために果物や野菜中心の食事をお休みして

なんでも食べるように。

 

消化に負担がかかるので

眠くなりました。

 

実際、眠れたんですが

睡眠をとってる間に

消化でものすごいエネルギーを使うため

結局、不眠の感じは抜けず・・・。

 

 

 

 

そうこうしているうちに

変な汗をかきはじめ

体温調整がわからなくなり始めました。

 

確かに微妙な気温なのは気温なのですが・・・。

 

 

スポンサードリンク

 

 

久しぶりに思いました。

 

 

あー、
こうやって鬱になるんだ
と。

 

自殺したいときの気持ちって
こんなのから始まるんだな
って。

 

 

 

 

前記事で

フラワーレメディに興味をもったことを書いたのですが

 

そのおかげか?

自分の感情を気にすることができ

今回の鬱気分?になっていく変化も

冷静に見ている自分もいました。

 

 

 

 

眠れない

ただこれだけで

 

ものすごいストレスになるのだと

改めて経験しました。

 

 

 

 

こんなこと書いてますが

まだ、眠れてません(笑)

 

眠い気がするけど

眠れない日が続いていて

変な汗もかいてます。

 

それなのに、寒いという・・・。

 

 

あ、でも、今日は晴れてます。

なので、ブログを書こうと思いました。

 

 

 

 

でも、ストレッチを多めにしたり

 

身体の声を聞いて

食べるのを少し休憩して

 

食べ物を果物・野菜中心戻したら

ちょっと気持ちがマシになってきました。

 

 

 

 

離脱症状をお付き合いし始めて感じた

 

雨の日はお休みという

身体の声を聞いた生活ペース

これが、理想だなと。

 

人間も動物なのだと

改めて思いました。

 

 

 

 

 

私も精神薬を飲んでいた頃は

仕事優先で

睡眠を削ってでもって思っていました。

 

そうすることが当たり前で

良いことだと思っていました。

 

 

その気持ちが

余計に睡眠薬をやめれない状況を作っていたし

 

更に依存してくことを

手助けしていたと思うんです。

 

 

 

 

生活にはお金もかかるし

仕事をしないとって気持ちもわかるんですけどね。

 

でも、身体が資本です。

 

 

 

心と身体の健康があってこそ

仕事もできると思うんですよ。

 

 

 

働いている方が

私の今の生活のように

雨が降ったらお休みなんて言えないこともよくわかります。

 

 

そんな生活をしている私でさえ

 

睡眠不足から

鬱の気持ちになるのに

(鬱の入り口にいくのに)

時間がかかりませんでした。

 

 

 

 

なので、

身体から休みたいというメッセージを聞いたら

睡眠はしっかりとって欲しい。

 

ちゃんと身体からのメッセージを

受け取ってあげてくださいね。

 

 

 

 

今回の眠れない経験で

睡眠と身体、気持ちの関係を学びましたよ。

 

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない