ベンゾジアゼピン眼症とメタトロン治療

メタトロンを受けはじめ、

ベンゾジアゼピン眼症に効果があるかも・・・

 

そう思い

ほぼ月1で刺絡療法と共にメタトロンを受けています。

 

 

 

刺絡療法とメタトロンのおかげか?

かなり、ベンゾジアゼピン眼症もマシになってきていると感じています。

 

そう思って、仕事復帰できるかもとクアラルンプールにも行ってきたんですよ・・・。

スポンサードリンク

 

メタトロンで、見てみても

私は悪い状態のところがほとんど出ません。

 

むしろ、健康体です。

 

眼も同じで、

まったく悪いところは見当たらず・・・です。

 

 

それでも、離脱症状からのベンゾジアゼピン眼症からくる光過敏を感じていたり、

身体がしんどくなると眼圧も上がるのは続いています。

 

 

光過敏も以前よりはマシになってきていて

耐えれる光の明るさが広がったように思います。

その日の体調にもよるのですが・・・。

 

 

 

私は、刺絡療法を受けている治療院でメタトロンを受けているので

離脱症状に理解がある先生にたどり着けています。

 

そのため、

メタトロンで悪い状態が出ていない眼や脳にも

メタセラピーをしていただいています。

 

 

 

 

これは、あまり感じる人はいないかもですが・・・

 

私の場合、その日によって受けれるメタセラピーの回数が違います。

 

メタセラピーは波動なので

受け取りすぎてしまって、身体がグラグラ来てしまうことがあるんです。

 

イメージ的には(良い)氣を受けすぎてしまってグラグラ来る感じ。

わかりますか?

 

 

 

なので、その日によってメタセラピーを受けれる限界が違うのですが

私が、グラグラしない限界までメタセラピーを受けています。

 

 

 

 

そんなこんなで月1でメタトロンを続けていて

 

メタトロンも治療中にパソコン画面を見るのですが

以前は、遮光レンズが必要でしたが

 

今は、メガネなしでパソコンの画面を見ていることもできまるようになりました。

 

 

 

日常生活ではというと・・・

相変わらず、画面暗めのパソコン画面にしているし

携帯も暗めの画面です。

 

ただ、疲労感が変わりました。

 

 

以前だと、暗めの画面でも1時間くらい見ていると

疲れてきて、真っ暗な部屋で休憩が必要だったのですが

 

最近では、2時間とか3時間とか

暗めの画面なら見ていることができるようになりました。

 

どちらかと言うと、電磁波過敏の方でパソコンとかを見ていれなくなることが多いです。

 

 

 

疲労感のある時や、お天気の関係で気圧を感じてしまうときなどは

まだまだ眼圧が上がりやすく、光に対しても耐性が落ちているな・・・とは、感じます。

 

 

 

メタトロン治療を受ける前と比べると格段に

ベンゾジアゼピン眼症からくる光過敏が楽になったので、

このまま刺絡療法と共にメタトロンも続けていきたいと思っています。

 

 

 

食事は、相変わらず果物多めで過ごしていますよ。

 

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。