• 投稿 2017/04/21
  • Blog
【アガる】私はネイルサロンに行くことでした。

一気断薬してから、白髪とか多汗とか肌が過敏になってしまったこととかで、美容に関して怠けていました。

 

 

以前のようなキレイ目のお洋服は封印せざるを得なかったんです。

 

スポンサーリンク

 

 

断薬してから丸2年になるということで、ちょっとでもフツーを取り戻したくて・・・。

思いきってネイルサロンに行くことにしました。

 

 

光がツライので、大きなテナントにはいっておらず、ホームサロンとか個人のサロンでネイリストさんがおひとりで経営しているところを探しました。

 

 

 

大きなテナントに入ってるという時点で、明るいんですよ。ツライんですよ。

 

もう、建物内すべてが明るくてネイルサロンどうこうより、その建物内にいれない。

 

ホームサロンとか個人のサロンなら「こうしてもらいたい」がリクエストしやすいかな?って考えたんです。

 

おひとりで経営されてるのもポイント。

 

私以外に誰かお客がいたら「こうしてもらいたい」が言いにくいですもんね。

 

 

 

私は、ホットペッパービューティーで探しました。

条件にあうサロンを見つけましたよー。

 

 

 

予約を入れる際に、リクエストしたんです。

 

見た目は健康そうだけれど、光で体調が悪化してしまうこと。

もし、TVをつけていたり、DVDなどを流していたらやめてほしいこと。

 

普段、自室にいるときは太陽光だけで昼間は過ごしていることを伝えました。

 

 

で、来店。

 

 

 

ネイルをしていただいてる間は、部屋の電気をほぼ消してくれて、太陽光の明るさでやってもらえました。

「大丈夫ですよ」って。

 

 

私、美容室と同じでネイルも手元が明るくないとできないのかと思っていました。

違うんですね。

 

 

 

最後のジェルコーティングの時に、光がちょっとだけ。

でも、全然なんとかなりました。

(ダメなら、マニキュア対応も考えていてくれていたんです。)

 

 

 

 

今回は、自爪のよう仕上がりでお願いしました。

 

 

 

爪もね、ほったらかしだったんですよ。

ハンドクリームも怠けてしまうくらい・・・・。

 

 

 

ネイルサロンに行き手元がキレイになっただけで、離脱症状消えて体調が良くなったのかと思いました。

 

 

気持ちがアガりました。

 

 

 

ホント、私にフツーの体調で過ごせていた日常が戻ってきたのかと錯覚しましたよ。

 

 

 

 

ご高齢の女性がお化粧しただけで、元気になるとかあるじゃないですか?

私は、ネイルだったようです。

キレイな手元は本当に嬉しい。

 

美容院で白髪を染めたときより、嬉しかったです。

 

 

 

 

最近、やってみたいなって思うことができたんです。

この手元ならできるかな?って前向きになりました。

 

 

 

離脱症状で苦しんでいても、女性はちょっと綺麗にしてみるのもいいのかもしれませんね。

(そういうことを考えられるくらい離脱症状が落ち着いたらです。)

 

 

気分がアガることがこんなに大事なんだなーって実感です。

 

 

 

 

 

体調のこと

諦めない。

焦らない。

あてにしない。

 

 

 

 

私が今回お願いした沖縄嘉手納のネイルサロン

 

 

 

 

 

 

 

一気断薬から丸2年経過。振り返りと今の思い。

 

沖縄でメタトロンを受けれる治療院が2箇所あります