フライト前に航空会社に連絡するようにしています 化学物質過敏症

化学物質過敏症を発症してから

柔軟剤・合成洗剤・化粧品・ヘアスプレー・制汗スプレー

シャンプー・香水など

あらゆるものに反応するようになっています。

 

かなり引きこもりの生活になっていますが・・・

 

 

それでも、フライトして県外に出ることは続けています。

 

沖縄なのでね、

県外に出る=フライトなんですよね。

 

スポンサードリンク

化学物質過敏症 発症後すぐ

 

化学物質過敏症発症後すぐの頃は、

フライト前に電話をすることなく、フライトしていました。

 

そのため、急にCAさんに

化学物質過敏症であることを伝え、近くの人からの香料や刺激に耐えれないと

お伝えしていました。

 

で、席移動をお願いしたりね。

対応していただいてきました。

 

 

 

 

 

JALのCAさんにアドバイスいただいて

 

そんなとき、JALのCAさんで親身になって話を聞いてくださる方がいて

 

席の移動は、機内のバランスなどもあって

機長への確認が必要で

できたら、事前に(席移動の)可能性が有ることをコールセンターに伝えて欲しいと

アドバイスいただきました。

 

コールセンターに電話したほうが、記録に残るのでって。

 

 

 

 

JAL ANA 連絡先

 

JALでもANAでも、

事前にフライト前に、電話をしておくようになりました。

 

 

JAL 問い合わせ

*私は、

車いすや医療機器の手配、病気やけがでのお手伝いやご相談を希望されるお客さま

ここに電話しています。

 

ANA 問い合わせ

 

 

 

 

 

 

JAL プライオリティ・ゲストカード

 

Twitter上で同じ化学物質過敏症の方に教えていただいたのですが

JALにはプライオリティ・ゲストカードというものがあり

ここにお願いしたい対応やいろんな記録を残していけるのだそう。

 

 

JALプライオリティ・ゲストカード

 

 

教えていただいてすぐ、WEBから

私もこれに申し込みしました。

 

これが届いたら毎回電話して・・・って、という手間も省けますもんね。

 

 

 

 

 

 

フライトする際に航空会社にお伝えしていること

 

まず、電話で化学物質過敏症であることを伝えて

席の移動のお願いをする可能性があること。

 

席移動が無理なら、後方の空いているスペースに立たせてもらいたいこと

 

 

機内誌のインクがツラいので

撤去をお願いしたいこと。

(周りの空席のところの機内誌も全部。)

 

 

飲み物は香料に反応するので、お水のみでお願いしたいこと。

 

 

空港にもよるけれど(新しい建物とか)

手荷物のピックアップレーンなどが苦しいことが多いので

手荷物をできるだけ早く降ろして欲しい。

 

*最近だと、伊丹空港がダントツでツラかったです。

 

 

 

など。

こんな感じでお願いしています。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

機内では

 

機内では、

マスク(シルクが私にはいいみたい)

その内側に、活性炭のシート3枚

シルクのシートを入れてます。

 

以前は、活性炭のシート2枚だったんですが、

3枚のほうがいいなと。

 

 

今後、中に入れる活性炭のシートが4−5枚になりませんように。。。

 

 

 

 

 

 

 

通路側の席のこと

 

先日、通路側の席に座ることがありました。

直前だったこともあり、窓側が取れなかったんです。

 

 

ちなみに、私は普段

後方の窓側を取ることが多いです。

 

前方は、電磁波がツラく感じることが多くって。

 

 

 

通路側って、通路の横ですよね。

当たり前なんですが・・・

 

そうすると人の移動もあり、いろんな乗客が通る訳です。

当然、中には香害さんも。

 

それから、トイレを済ませた方が、

トイレ内の化学物質を連れて来るんですよね。

 

この刺激にさらされることになります。

私的には、しんどかった。

 

 

 

 

*体調の問題にもなるので

事前に相談してもらえれば、席は確保できることもありますって言ってもらえましたよ。

 

WEB上で窓側が取れなくても、

コールセンターに問い合わせしてみてくださいとのことでした。

 

 

 

 

 

 

快適にフライトできれば

 

私は、まだまだ軽度で

外食だって、ある程度お店を選べばできるし。

 

快適にフライト出来さえすれば、

到着後に動けます。

 

反応さえしなければ、化学物質過敏症の方だって元気でいれますよね?

 

 

 

航空会社さんには

化学物質過敏症や、薬品などにアレルギーの有る方を知っていただいて

 

トイレなどで使うものも

無香料・無添加に変化していって欲しいなと思っています。

 

CAさんの制服のクリーニングとか

化粧品などについても変化していって欲しい。。。

 

乗客にも、香害について知っていただけるようアナウンスしてほしい。

 

こんなことを思っています。

 

 

 

 

 

こういう言い方は好きではありませんが

数は力だと思っています。

 

航空会社だけにとどまらず、声を上げていくことが大事なんだよねって

日々思っています。