化学物質過敏症になり味噌を身体が欲することが増えました 味噌の栄養素や身体に嬉しいことまとめ 

「みその医者殺し」とか

「みその医者いらず」とか

聞いたことがありますか?

 

 

私は化学物質過敏症を発症してから

味噌を身体が欲するというか

食べたいと思うことが増えました。

 

化学物質に曝露してしまった日ほど

濃いめの味噌汁を美味しく感じます。

 

 

 

私たちの生活に切り離せない存在である味噌、

実は様々な栄養素や健康に関する作用を含んでいます。

 

私は、この味噌に含まれる栄養素や健康に関する影響などを知って、

味噌の魅力にハマっています。

 

 

 

日本の5代調味料の1つでもある味噌、

そこで今回は味噌が含んでいる栄養素や

体にとって嬉しいことなどまとめていきますね。

スポンサードリンク

 

 

味噌ごとに栄養素は異なる?味噌の種類について

 

まず最初に味噌の栄養素についてご紹介します。

 

 

とはいっても味噌には様々な種類があり、

一概に全ての味噌が同じ栄養素だとは言えません。

 

 

例えば個人の家や関東と関西など、地域によって調味料は変わりますよね。
味噌もその例に漏れず、様々な種類があります。

 

 

 

その中でも良く目にする種類として赤味噌と白味噌、この2つは有名でしょう。

 

しかし実はこの2つ、

味噌の製造過程が違うのみで原料は同じなんですよ。

 

 

 

また米味噌や麦味噌など原料が違う物は、

この原料で栄養素は変わります。

 

 

 

 

一般的な味噌の種類について

 

そこで今回は味噌の中でも一番ポピュラーな種類である、

米味噌について見ていきましょう。

 

 

米味噌は、米、大豆、塩を原料として作られるお味噌です。

 

今現在主流の味噌は米味噌で、

なんとそのシェア率は8割を越えているとも言われています。

 

 

 

ちなみに、味噌の種類としては

 

★3種類のいずれにも含まれない調合味噌

★麦、大豆をメインとした麦味噌

★米、大豆を原料とした米味噌

★大豆メインの豆味噌

 

 

この4つの味噌がありますよ。

 

 

 

 

 

味噌の栄養素について

 

さて、本題となりますが

今回は米味噌の栄養素についてご紹介します。

中でも共通の有名な成分としては2つあるでしょう。

 

 

★基礎代謝を増幅させるイソフラボン

★抗酸化作用のあるペプチド

 

この2つですね。

 

 

2つだけしかないの、と思われがちな方もいると思いますが

もう1つ白味噌と赤味噌の大きな栄養素が存在します。

 

 

★赤味噌に含まれる美容や健康に良いメラノイジン

 

★白味噌に含まれるリラックスやダイエットのサポートをしてくれるGABA

 

 

この2つは確実に覚えておきたい栄養素でしょう。

 

 

 

またこの栄養素から、赤味噌と白味噌で

朝食、夜食それぞれに向いていると言われています。

 

 

赤味噌は代謝を高めることから朝食、

白味噌はそのリラックス効果から夜食向けと言えるでしょう。

 

更にそれぞれの違いがあります。

 

 

例えばとりすぎに注意と言われているイソフラボン、

実は赤味噌に含まれるイソフラボンは

少し性質が変化しているため安心して食べることができます。

 

白味噌の場合はなんと意外な乳酸菌が豊富に含まれているため、

腸内環境の改善に期待が持てるでしょう。

 

 

 

 

結局、味噌でどんな健康の効果が期待できるのか

 

では2つ目として、味噌で期待できる健康の効果は何があるのでしょうか。

 

とりあえず箇条書きで例を挙げていくと、

個人差もありますが以下のような健康に対する働きがあります。

 

 

★アンチエイジング

★認知症の予防

★血圧の低下を防ぐ

★ガン予防

★美肌の維持

 

 

これに先ほども書いた白味噌、赤味噌の特徴が加わるため、

まさに味噌は私たちの日常を支えてくれている調味料と言えるでしょう。

 

 

 

 

赤味噌と白味噌、それぞれの作用

 

先ほども書いたように赤味噌は代謝の上昇、

白味噌はリラックス効果が期待できますよね。

 

この点を更に詳しく見ていきましょう。

 

 

まず赤味噌ですが、

赤味噌を朝食にとることによりメラノイジンが腸内に働きかけます。

 

この働きにより代謝があがるだけでなく、

朝にすっきりとした目覚めができるでしょう。

朝から忙しい方、また元気を出したい方にはぴったりですね。

 

 

 

 

 

白味噌の場合、先ほども書いたGABAがリラックスの手伝いをしてくれます。

 

そのため夜に白味噌をとることでしっかりとした睡眠の手助けをしてくれるでしょう。

 

またGABAには脳に働きかけ、過食を防ぎ安くする性質も持っています。

 

白味噌に含まれる乳酸菌は腸内環境の改善にもつながりやすい為、

特にダイエット中の女性には特におすすめの調味料でしょう。

 

 

 

 

 

赤味噌、白味噌両方に両方の栄養が入っている

 

また誤解されがちですがこのGABAやメラノイジンは

それぞれ白味噌、赤味噌両方に含まれています。

 

しかしその含有量が違うため、朝食と夜食の様にそれぞれ適正がある訳です。

 

 

また白味噌と赤味噌を使用したあわせ味噌の場合、

この両方の栄養素を平均的に含んでいます。

 

朝、夜関係なく味噌が好きな方は

あわせ味噌も一度検討してみても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

味噌で解毒?

 

冒頭でもサラッと書きましたが

化学物質過敏症を発症して、味噌を食べたい

摂りたいって思うことが増えました。

 

なぜだろう?って思っていたんです。

 

なぜなのか、よくわからないまま身体が欲するまま

化学物質で曝露してしまった日は、濃いめのお味噌汁を飲んでいます。

 

味噌を摂ったあと、身体がホッとします。

 

 

 

みそ健康づくり委員会発行のみそサイエンス最前線という本の中に

「放射性物質を除去するみその効用」というレポートがあるんだそう。

 

戦争での原子爆弾による被ばくされた方が、

味噌を摂り続けて、後遺症が少なかったという話もあるんだとか。

 

広島大学原爆放射能医学研究所では長年、味噌の機能性として放射性物質を除去する作用があることを研究されているんだそうです。

 

 

 

また、味噌は発酵食でもあります。

発酵の際に造られる酵素は強い解毒作用を持つため、放射性物質除去にもつながる?

 

私が化学物質で暴露した日(有害な化学物質に反応した日・吸い込んだ日)は解毒したくて味噌が欲しくなるのかな?と思っています。

 

 

 

沖縄の即席味噌汁「かちゅーゆ」を取り入れながら 毎日味噌汁習慣を♪

 

 

味噌汁で眠りの質を高める

 

味噌汁を摂ることで

眠りを促すホルモン「メラトニン」の分泌を高めることができるそう。

 

これによって、睡眠の質が高まるようです。

 

この「メラトニン」は、作るのに約16時間かかると言われているので、

お味噌汁を朝ごはんで摂るとバッチリですよね♪

 

睡眠のことで悩んでいる時

朝ごはんにお味噌汁習慣、試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

この様に様々な健康面での期待を持てる栄養素を含んでいる味噌は、

現代の日本人にとって必須の調味料となっているだけでなく、

年々その凄さが発見され続けています。

 

 

過去1000年以上も愛され続けている理由がよくわかりますね。

 

今味噌が好きな方、あるいは好きではない方も

今後是非味噌を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

手作り味噌

 

自家製味噌も作るようになりました。