【おうちで薬膳】圧力鍋で簡単♪  白きくらげのぷるぷる美肌スープ

化学物質過敏症を

どうやら発症してしまったことは確定のようで

 

化粧品も使えなくなっています。

 

 

2019年10月から

ノーファンデ生活を送っています。

 

 

 

ちょっと薬膳にも興味が出てきて

白きくらげが肌に良さそう知り

 

白きくらげを使ったスープを

よく食べています。

 

そのレシピです♪

 

 

 

*関連記事

 

スポンサードリンク

 

白きくらげ

 

まず、簡単に白きくらげについて。

 

白きくらげ(学名Tremella fuciformis)は、

シロキクラゲ目シロキクラゲ科シロキクラゲ属のきのこです。

 

中国では「銀耳」と呼ばれていて

世界三大美人の楊貴妃も愛用していたとか。

 

 

 

中医学では、肌は「肺」の働きと関係していると言われています。

 

白きくらげは、「肺」を潤す食べ物として知られています。

肌に潤いと弾力を与え張りのある艶やかな肌を保ち、

喉の乾きや空咳なども改善してくれます。

 

「美肌の味方」な食材ですよ。

 

 

 

身近なところだと

台湾スイーツとか豆花などで使われています♪

 

 

 

白きくらげのぷるぷる美肌スープ

 

 

私が使っている圧力鍋は

ワンダーシェフ デリッシュ 片手圧力鍋 3.0L です

→ https://amzn.to/2RtNxa7

 

 

*圧力鍋はメーカーにより仕様が異なりますので、

お使いの圧力鍋の説明書をよくお読みになり、調理してください。

 

 

 

材料

 

手羽先 300g

 

 

白きくらげ(乾燥)25g

生姜 お好みで

 

塩麹 大さじ1

水 1,000cc

 

ごま油

 

 

 

作り方

 

 

まずは白きくらげをたっぷりな水で戻します。

30分ほど放置します。

 

 

 

 

 

 

手羽先をビニール袋に移し塩麹を揉み込みます。

これも、常温で30分おいておきます。

 

 

 

 

 

30分後、

戻った白きくらげの硬い部分を落とし

食べやすい大きさにカットします。

 

 

 

生姜はお好みで

スライスか千切りに。

 

 

 

 

 

塩麹を揉み込んだ手羽先・白きくらげ・生姜を

圧力鍋に入れて、水1,000ccを入れます。

 

 

 

 

 

圧力鍋で鍋そこからはみ出ない程度の強火で

おもりがふれるまで加熱します。

 

 

おもりが振れたら、弱火で15分加圧します。

 

 

弱火で15分加熱後は

鍋の中の圧が抜けるまで放置です。

 

 

 

 

 

圧が抜けたら蓋を開けて

ごま油・塩で味を整えます。

 

盛り付けて完成です♪

 

 

 

 

 

 

 

私は、手羽先がホロホロになる感じで仕上げたいので

圧力鍋で弱火にしてから15分にしています。

 

(手羽先の身と骨が簡単に外れるくらい。)

弱火の時間は、10〜15分でお好みの感じを見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

お夕飯でいただくと

翌日の朝の肌がいい感じです♪